中井エンジニアリング
HIROYOSHI USHIRO BLOGブログ
2020.10.15

日本選手権 終わってみて

日本選手権では、絶対に自己記録更新ができるという確信があり、
試合当日までワクワクしていました。
トレーニングでは各種目の調整も完全にでき、身体も絶好調。

 

雨が降ったり悪天候の中でも、1日目はもう少し記録が欲しいところだったが、

自己記録更新ペースで終えました。

 

1日目終了時10位。

2日目が得意種目なので、トップとの差200点以内(逆転範囲!)に抑えることができました。
試合後はすぐにトレーナーさんにバキバキの身体をケアしてもらい、

お風呂で筋肉を緩ませ、またトレーナーさんに施術してもらいます。

(この一連のケアをしないと、次の日ケガをするか全く動けません。
この時間に何をするかが重要!)

 

2日目も雨が降ったり、晴れたり、向かい風、追い風の悪天候。

筋肉痛もあったが、入念なケアとウォーミングアップのおかげで身体はよく動き、
ハードルはセカンドベストでいい流れをつくることができました。

 

今回問題の棒高跳びは、実は練習跳躍で何の問題もなく、
今までで一番いい仕上げで跳躍することができていました。

 

しかし、調子がいいことに本跳躍で助走スピードが出てしまい、

踏切位置が近くなったことにより、記録なしに終わりました。

 

今大会のためにたくさんの時間を陸上に使い、辛いトレーニングもしてきたので

本当に悔しくて・・・気持ちを切り替えることが困難でした。

 

しかし、目指しているところは来年のオリンピック。

今回の選手権が意味のある試合になるか、意味のない試合になるかは自分次第。

各種目の技術的要素も成長を感じることができたので、
今大会の課題をトレーニングで修正していきます。

今後は命を懸けて競技に取り組みます。